紅麹(べにこうじ)はコレステロール値が気になる方に人気?

 

健康・美容・ダイエットに良い成分のいろいろ

 

コレステロール値が高いと脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まるといわれています。コレステロール値が高い状態とは、分かりやすく言えば血液がドロドロの状態です。ドロドロの血液は血管をスムーズに流れませんので、詰まる可能性が高くなります。つまり、血管が詰まることによって起きる脳卒中、心筋梗塞のリスクが高まるというわけです。

 

血液がドロドロですと、血管を流れる時にパワーが要りますので、コレステロール値が高い人は総じて血圧が高めです。高血圧の原因がコレステロール値の高さにあることも多々あります。このようにコレステロール値は高すぎると危険な病気を引き起こす可能性が高くなりますので、下げる努力をしなければなりません。

 

コレステロール値が気になる人に今注目されているのが紅麹です。紅麹はこれまでも食材や調味料として広く使われてきました。最近になって紅麹に含まれるモナコリンKという物質が悪玉コレステロールの濃度を下げる働きがあることが分かり、にわかに健康食品として注目され始めています。

 

この物質は、コレステロール値低下剤として医薬品にも使われていますので、悪玉コレステロール値の低下に効果があることは間違いないでしょう。しかし、薬の場合は医師が用法用量を守るよう指導してから処方されますが、健康食品やサプリメントは誰もが簡単に手に入れて飲むことができます。多めに摂取しても大丈夫だろう、と思い込んでしまう人もいます。医薬品にも使われるほど効果がある物質だけに、多く摂取するのは危険です。コレステロール値が気になるからといって、紅麹に頼ってばかりではいけません。

 

紅麹に限らず言えることですが、サプリメントはあくまでも健康補助食品です。コレステロール値を下げるには脂肪分を控えた食事と運動が第一です。まずは健康的で正しい方法によって下げる努力をしましょう。その上で、補助的に紅麹を摂取するのが理想です。コレステロールは体内に必要な成分であり、悪ではありません。大切なのは悪玉を善玉に替えることです。

プロポリスの健康効果

 

健康・美容・ダイエットに良い成分のいろいろ

 

プロポリスとは、セイヨウミツバチだけが集める性質を持っており、木の芽や樹液などを自らの分泌物(唾液など)と合わせて作り上げた樹脂製混合物であり、「天然の抗菌物質」であるとも言われています。プロポリスには、身体の酸化を防ぎ、あらゆる病気の原因とされる活性酸素を除去し、全身の細胞を活発にさせる効果があるとされています。

 

有用成分には、免疫機能を向上させて自然治癒力を強化するフラボノイドや、身体を錆びさせない作用がある必須アミノ酸、ミネラルなどの天然成分が豊富に含まれています。とくにフラボノイドは、神経を落ち着かせてリラックスさせる抗ストレス作用や抗菌作用もあります。おもな効果として、慢性的な疲労や憂鬱な症状、自律神経失調症、鬱病などの精神疾患の改善、風邪やインフルエンザの予防、口臭や口内炎、歯周炎、歯肉炎、咽頭炎などの予防や改善、結膜炎や眼精疲労にも効果的です。

 

けがや火傷、あかぎれ、しもやけなどの外用薬として用いられることも多く、皮膚疾患(湿疹、水虫、イボ、アトピー性皮膚炎、神経性皮膚炎など)にも有効です。腰痛や関節痛、関節炎、リウマチなどの痛みを緩和してくれたり、胃炎や肝炎、胃潰瘍、大腸炎、十二指腸炎、便秘などの消化器系の疾患のほか、肺炎や結核、気管支炎、気管支喘息などの呼吸器系の病気にも効果があります。

 

また、老化の原因となる過酸化脂質の増加を抑える作用がありますので、お肌や毛髪の再生を促進したり、シミやそばかすの改善、白髪の予防や改善、若さを保つためのアンチエイジング効果もあることから、大変多くの方から注目されています。

 

また、自然由来の成分であることから決定的な副作用の報告もなく、継続して摂取することで免疫機能も向上していきますので、がんなどの病後の体力の回復にも用いられることが多くなっています。その効果は、挙げればキリがなく、まだまだ隠された効果や効能を期待することができます。

水に溶ける性質のビタミンの一つでもあるのが、パントテン酸です。

 

健康・美容・ダイエットに良い成分のいろいろ

 

ビタミンB群のひとつでもあり、発見はビタミン類で5番目であったために、ビタミンB5と呼ばれることもあります。ひどくどこ味のあるというのがパントテンの意味でもあり、そのネーミング通り、広く動物性食品に含有されています。腸内細菌が活発な中では、体の中で合成をすることも可能です。

 

粘りのある黄色い液体物質であり、β-アラニン とパンとインさん物質の結合で出来ています。水分にはとてもとか安いですし、アルカリや酸、それから熱にも非常に弱いです。摂取をするときの加工状態や調理法により、成分の損失が大きいのも特徴です。アルコール摂取によって、パントテン酸はどんどん消費されやすくなります。

 

パントテン酸は体の正坊や、あらゆる組織における健康維持のために大きく関わりがあります。ストレスを感じた時の抵抗力をつけるためにも必須ですし、酵素の働きを助ける物質の構成成分にもなります。体内でのエネルギーを作るためにも必要です。

 

体内においてビタミンCを補助売る役割も持っているのが、パントテン酸の成分です。タンパク質によって人間の皮膚や毛髪は作られますが、その合成にはビタミンCの栄養素が必要不可欠になります。真皮層における70%を占めているのは、タンパク質でつくられるコラーゲンです。コラーゲンによって、潤いと弾力はもたらされています。

 

毛髪も健康な肌もコラーゲンなしでは成り立ちませんので、そのコラーゲン生成に必須のビタミンCの作用が重要です。コラーゲン生成にはビタミンCが必須であり、そのビタミンC生成をサポートするのがパントテン酸です。こうして健やかな皮膚へ導きますから、ニキビやアトピーにも解消への道しるべとなっていきます。

 

パントテン酸は、様々な食材に含まれていますし、サプリメントからの摂取もできます。食材では、納豆や卵、レバーなどにも豊富に含まれています。