ガルシニアは、インドや東南アジアに分布するオトギリソウ科の常緑樹の名前です。

 

ガルシニアに含まれる成分とその効果について

 

果実は柑橘類のような酸味と甘味を持っており、現地では、そのまま食用としたり、乾燥させてスパイスとして用いたりします。

 

この果実、果皮にはヒドロキシクエン酸という成分が含まれていて、肥満抑制作用があります。
肥満といえば脂肪、脂質が思い浮かびますが、ヒドロキシクエン酸の効果は、実は脂質ではなく、どちらかというと糖質代謝に関係しています。少し詳しく説明しましょう。

 

糖質を代謝するときの中間的な産生物の一つに、クエン酸という化合物があります。普通に代謝が進行しているときはクエン酸はあくまでも中間物にすぎず、粛々とその後の代謝が進行し、最後はエネルギーと二酸化炭素、そして水になってしまいます。これは糖質代謝そのもので、別に問題はありません。

 

ところが、ここにちょっと食べすぎの人、あるいは運動不足でエネルギー消費の少ない人がいるとします。そうすると、粛々と代謝を進行させてはエネルギー過剰です。それは無駄ですから、体はそれを敏感に察知し、代謝経路を巧妙に切り替えるのです。そして、その分岐点にいるのがクエン酸です。クエン酸はそのまま代謝される代わりに、ATPクエン酸リアーゼという酵素によってアセチルCoAという化合物に変換されることになります。アセチルCoAはその後数段階の反応を経て脂肪酸となり、ここへ来て過剰な炭水化物はクエン酸を経て無駄にされることなくめでたく脂肪という形でエネルギー源として蓄えられるわけです。

 

まあ、かつて人類が常に飢餓の危機に瀕していたときは、これで全くハッピーであったわけですが、残念ながら現代ではその逆になることが多いですね。糖質、炭水化物を食べても脂肪太りになるのはこの経路によるわけです。

 

さて、少し話が長くなってしまいました。一体ガルシニア、ヒドロキシクエン酸はどこに登場するのでしょうか。
それは、ATPクエン酸リアーゼを阻害することにあります。ヒドロキシクエン酸はクエン酸と似ているため、この酵素の働きを阻害してしまうのです。結果的に、炭水化物は脂肪とならず、肥満抑制作用があるというわけです。