オリーブオイルの働きですが、まず第一に血中のコレステロール値を低下する作用があげられます。

 

オリーブオイルは体に良い?どんな効果がある?

 

動物性脂肪を多く含む食品や乳製品などを多く摂りすぎると、肥満、動脈硬化、糖尿病、高血圧などの生活習慣病になってしまうリスクのある悪玉コレステロール値が高まります。

 

オリーブオイルの中に含まれているオレイン酸には、血中の悪玉コレステロールを減少させるはたらきがあり、善玉コレステロールを増加させます。
次に抗酸化作用があげられます。

 

脂肪は酸化してしまうと、様々な病気の原因となってしまう活性酸素と結合して、がん、心筋梗塞などの心臓病、脳卒中、糖尿病などの原因となってしまいます。
オレイン酸は酸化しにくい脂肪なので、動脈硬化などの生活習慣病やがんなどの予防を期待することが出来ます。
オレイン酸の他にも、ビタミンEやポリフェノールなど、活性酸素を抑制する栄養素がオリーブオイルには豊富に含まれています。

 

オレイン酸は脳の視床下部にある満腹中枢を刺激する作用があり、ダイエット効果も期待することが出来ます。
効果的な摂取の仕方ですが、食事の一時間ほど前に摂取することで満腹感が起こりやすくなります。
オレイン酸は小腸で吸収されにくい性質をもっており、腸に良い刺激を与えて動きを活発にしてくれます。
よって便秘にも効果があると言えます。

 

便秘がちな人は毎食前にスプーン1杯〜2杯程度のオリーブオイルを飲むと良いでしょう。
オリーブオイルの色素成分であるクロロフィルは、体内にある毒素を排出する手助けをしてくれます。
体内の毒素が排出されると肌荒れやニキビなどの減少にもつながり、美肌へ近づくことが出来ます。
アンチエイジングの効果も期待できるので、髪の毛を良質にしたり白髪の減少などにも効果的です。
オリーブオイルは太陽光などにあててしまうと酸化してしまうので、ペットボトルタイプで売られているものよりも深い緑色のビンなどで売られているものを購入し、冷暗所で保管して使用することをおすすめします。